スカジャン販売
スカジャンランキング トップ10

スカジャン

スカジャンとは?

スカジャンとは光沢のある化繊のキルティング地で作られ、背中に大型で派手な刺繍が施されているスタジャンに似た形状のジャケット。リバーシブルになっていることが多い。

日本駐留の米兵達が自分のジャケットに和風の刺繍を入れてもらったのが始まりで、日本発祥の洋服といわれることもある。 ヤンキーのファッションの象徴のひとつとして知られているが、現在はファッションとして幅広い年代に愛用されている。



スカジャン

横須賀市 スカジャン


国産、本刺繍ならではの良質なスカジャン!別珍スカジャン 蝶々本刺繍


戦後間もない頃、横須賀市にアメリカ軍のベースができ、闇市なるものが、あちこちで開かれていました。
そこにアメリカ兵が持ち込んだ、パラシュートの生地・「サテン」、そのサテンに日本の刺繍を施し、ジャンパーに仕上げ、アメリカ兵の帰国のおみやげとして売り出したのが、横須賀ジャンパー(スカジャン)のルーツになっています。

スカジャン

スカジャンの生地

スカジャンには「サテン」と「ベッチン」という二つの生地が使われることが主流である。

キルティングの中綿は、戦後の物資が少なかったころは綿が手に入りにくかったためはぎれなどを細かく切ったボロを詰めていたことがあった。このため現代でも、昔ながらの製法にこだわるメーカーの一部ではあえて綿ではなくボロを用いているところがある。

●サテンとは?
本しゅす(ほん-、サテンとも)は、絹やナイロンやポリウレタン、アセテート、ポリエステルなどの光沢のある繊維の糸を使って作ったしゅす織りの織物。

非常に光沢があり、豪華な布のためドレス、裏地、帯地、ハンドバッグに使われる。帯地に使われるものは特に太い糸を使って厚く編み上げる。チャイナドレスに使われている本しゅすを特にタンタンピースと呼ぶ。

主にコスチュームの生地として使用されることが多く、女性の衣服に使用されることが多い。 それに比べ、男性での衣服で用いられる事は比較的少ない。

<サテンの欠点>
しゅす織りなので使用の際はたて爪の指輪やハンドバッグの金具などとがったものに注意をしないとすぐに引き攣れてしまう。
熱を通しやすいため、冬場は生地が冷たくなりやすい。
洗濯に弱い。
表の生地と裏の生地で性質が異なってしまう。


●ベッチンとは?
ベッチン(別珍、ベルベッティーン、綿ビロード、英:velveteen)は、綿を横ビロード織りした織物。手触りがやわらかく厚手の光沢のある布地のため帽子、スカジャンになどに使われる。繊維を毛羽立たせてあるため静電気でゴミがつきやすいが、布用ブラシで払うかセロファンテープを貼り付けるとよく落ちる。

スカジャン

スカジャンの名前の由来

スカジャンは「横須賀ジャンパー」の略。

戦後間もないころ横須賀米軍基地で日本駐留の米兵達が記念として鷲・虎・龍などのオリエンタル柄や、自分の所属していた部隊や基地などの刺繍をテーラーショップにオーダーしたのが始まり。このような刺繍をしたジャンパーを「横須賀ジャンパー」と呼ぶようになり、お土産として販売されるようになった。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。